オフィスこーもと

更新は、少なめです

舌癌(上皮内癌)ネタ

舌癌(上皮内癌)術後に出来た粘液のう胞は、消えても再発するのか

もう、舌上皮内癌ネタで記事を書くことってないんじゃないかと思っておりましたが、、 実は、少し前に粘液のう胞についての質問を頂きましてですね。 あれから、再発はしていないのか、等ね。 私ごときが答えられることなんて知れてるわよと思いながら、私に…

舌癌(上皮内癌)術後1年記念PET-CT

昨年の手術から1年経過したので、8月16日にPET-CT検査を受けてきました。 necomposer.hatenablog.com で、今日8月22日。結果を教えてもらいに口腔外科を受診してきました。 結果は、、 異常は認められず。 ということです。 そりゃそうですよね、転移…

粘液のう胞が消えて1ヶ月。待っていれば治るパターンでした。

以前、粘液のう胞が鬱陶しいというような記事を書きましたが・・・ necomposer.hatenablog.com 実は、3月の通院の時には粘液のう胞は、しぼんでいてだ、、 それ以降、膨らんでくることはなく、ついこの間の診察の時にも全然無い状態だった。 先生「なくなりま…

来月、更に検査(大腸カメラ)

前回の記事の続きです。 necomposer.hatenablog.com 検査結果は・・・ ・エコー 特に何もうつっておりませぬ ・造影CT 炎症があるようだが癌ではなさそう、でも何かは分からない ・腫瘍マーカー(血液検査) 触れられもしなかった(何もなかった…

舌癌術後半年記念PET-CT 何故か虫垂が光る不思議

舌癌(上皮内癌)の手術から半年経過したので、PET-CT検査を受けてきました。 というのが先週。 で、調度1週間後になる今朝、結果を聞きに通院してきました。 まるで示しを合わせたかのような、診断結果。 粘液のう胞って単語まで出て来るとか、半端ない。…

今更知ったよ、手術以外に方法があったとか

半年前に舌癌(上皮内癌)で手術を受けた人だけど、自分も95パーセントの内に入るのかしら~と何となく気になって読んでみた。 がん治療の95%は間違い (幻冬舎新書) 作者: 近藤誠 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/11/28 メディア: 新書 この商品を含…

舌に血豆ではなく”粘液(のう胞)”が出来た

今日は、月に一度の舌癌(上皮内癌)手術後の経過観察の為の通院の日でした。 運がいいのか悪いのか、手術で切りとられた箇所の前の方に直径1センチ程度の血豆のようなものが出来て、つっぱるような違和感があったから主にそれを診てもらってきたよ。 病院…

多分これで完治だと思う。右側にテヘペロするのが難しい。

久々に舌癌(上皮内癌)手術後の話でも。 う~ん、伸ばすとつっぱる感じがするな~。限界まで伸ばそうとすると千切れそう(実際はそんなことはないんだろうけど痛いし怖いからやらない)。 2週間前とほぼ変らない私の舌さん(手術痕)。認めたくはないが、…

そういえば入院中にいただいた舌の汚れを取るスポンジブラシが優秀でした

今は、もうさすがに歯磨きが余裕で出来るようになりましたので何も問題がないんですけどね。 術後3日目ぐらいからかな、経口流動食が開始したはいいけどしっかり歯磨きをするなんて到底無理だったから、もらったうがい薬で頑張ってうがいをしていたら、歯科…

軟食でも外食がしたい!?サガミへ行ってみましょう!!

大分普通の食事が取れるようになってきたし、Let's外食!!ということで近所のサガミへ行ってみたらメニューに『銀扇御膳』という軟食のセットを発見!! 病院で出てきた軟食と違って美味しそうだ。そば粥とか普通に気になる。私も、もう2週間ぐらい早く発見して…

そして私は標本になる!!

昨日は退院後、初の通院でした。 ところで、切られた舌は何処へ行ったんだろう、なんて思っていたら、診察の時に「診断結果照会」(紙2枚)という物をいただきまして謎は解けました。 診断結果照会の1枚は画像3点。切られてホルマリン漬けにされたものと…

入院と言えば読書かな。なんせ暇なんで。

さてさて、入院ネタを書くといって更新してまいりましたが、 なんだか食事の話ばかりになってしまいましたね。 それぐらいしかネタがないんです、ハハハ。 そうそう、入院中に本を何冊か読みました。 全然新しいモノではありませぬが。 人生の法則 「欲求の4…

喜びなんて一瞬、スグに忘れてしまいました

経鼻カテーテルの次は、『経口流動食』。どんなものか知らなかったので、私は頭の中で勝手に想像してみた。適当に味付けされたドロドロで栄養高そうな飲み物・・・ しかし、現実はこんなもんでした。 何かさ、コンビニで全然揃えられそうな雰囲気なんですけど。…

我が人生で一番水が美味しいと感じる瞬間

全身麻酔での手術は眠っているだけなので何も苦痛ではなかった。私の苦行は術後から始まったのだ。 まず、切った部分が腫れるので舌先が右側にいくように、動かないようにと糸らしきもので縫って固定され、鼻から流動食が取れるように経鼻カテーテルが装着さ…

苦行から無事に帰還しましたという報告

世の中には、物凄く辛い目に合っている方がたくさんいる。実際、「精神と時の部屋」に入ってみて、同じ時を過ごした方の中には、自分が苦しみを訴え理解を求めることがおこがましいと思えるような重症の戦士もいた。 だが、今回は私が体験したコトをある程度…

この戦いが終わったら・・・いや、なんでもありません

明日は、検査の結果発表の日だ。といっても、既に金曜に病院から電話が掛かってきていて大体のことは知っているんだけどね。 前回の検査の為の手術の抜糸もあるから、どの道、病院には行かないといけないんだけどさ。 ありがたいのは、両親が車で迎えにきて…

悶絶歌~痛み止めを飲んでもまだ痛い~

痛い 痛い 痛い 痛い・・・ 麻酔が切れたようだ。急に尋常ではない痛みが襲ってきた。 駅まではあと5分ぐらいだったが、そこから先の道のりを考えるととても耐えられそうな雰囲気ではなかった。私は痛みを堪えながら駅前のファミレスに入った。 1時間前、…

来週、検査の為にプチ手術。舌をほんの少ーしだけ切り取られてきます。

現在私は、口腔外科で扁平苔癬(へんぺいたいせん)と診断されており舌の左側のフチを治療中というか現状維持中である。といってもうがい薬や飲み薬を処方されている程度だ。薬を飲んでいれば、とりあえずはオッケーのようだがこの病気は一生完治することは…