オフィスこーもと

更新は、少なめです

ちょっとアレな?新ゆるキャラ『秘忍者ジミー・ハットリ』現る ~手羽先サミット2015・2日目に行ってきました~

前に書いた記事では、6日にサミットに行ってからエレ浜さんのショーを見るなんて言っていたのに、風邪が悪化した主人の人を病院に連れて行ったり、病人を置いて自分だけ長時間外出するのも気が引けるので結局どちらも不参加で終わった。残念、無念。

だが、手羽先サミット自体は2日間(正確には前夜祭もあるから3日間)。そう、7日も開催している。私の個人的な目的は6日に詰まっていたが、実は全てが終わったわけではなかった。チャンスはある。私にはどうしても会場に行かなければならない理由があった。

7日、日曜。

昼食を済ませた私は金山駅に行く為に電車に乗った。午後2時。駅に到着した私は早速、会場である総合南口へと向かった。

まず通りかかるのがセンターステージ。

f:id:necomposer:20150607151535j:plain

いきなりDJぱんどらくんを発見したが、違うんだ。君も素敵だけど私が探しているのはもっとこう、黒くてピンクで怪しいはずなんだ。

私は南口を出て手羽先の屋台が並ぶエリアへと向かった。手羽先を求める人の行列を掻い潜りながら歩いた。普段なら見渡せる場所であってもそれがかなわない現実。

このままでは会えないかもしれない。諦めて手羽先を買って帰ろうかと思ったその時・・・。

いた!

いたよ!!

昨日の手羽先サミット2015初日でデビューしたばかりの、このお方!!

f:id:necomposer:20150607154108j:plain

秘忍者ジミー・ハットリだ。

良い子の皆さん、もう一度お伝えしましょう。

ヒニン ジャ ジミーハット リ だ!!

f:id:necomposer:20150607155016j:plain

デビュー日を祝うことはできなかったが、私は無事に出会うことが出来た。

おめでとう!

そして世界へ羽ばたいてくれ、

名古屋発のちょっとアレなゆるキャラよ。

 

ジミー・ハットリステッカーもゲット!その辺のことは、また次回の記事にでも。

 

ジミーさんと記念撮影をした後は手羽先を買って帰ることにした。

本来はその場で食べて投票するべきなんだろうけど、なんせ病人を家に待たせていたので買ったものは全てお土産ということで。

f:id:necomposer:20150607164006j:plain

せっかくだから、そうそうお目にかかれなさそうな真っ黒な手羽先を求めて諭吉のからあげの列に並んだのだが、私が辿り着いた時、調度黒が売り切れになった。新たに揚がってくるのを凄く待ちたかったけれど、私の後ろにも行列ができていたから諦めて普通の方(金鯱手羽先)を買った。次に買った店では手羽先を受け取る時にセロハンテープで番号がかかれた紙を左手の甲に貼り付けられ「○○番(店の投票番号)に投票お願います」と言われた。いやいや、それは食べて美味しかったらでしょうが。

どーよと思うことが連続で続くと気持ちが盛り下がるものだ。

そんなこんなで、なんとかチケット1000円分の手羽先を買って帰りの電車に乗ったが、私の持つ袋から漂う香ばしい手羽先臭が、なかなかの威力だった。自分が二日酔いだったら殺意が沸くかもしれない。

ようやく家に辿り着いて手羽先を袋から取り出したら、今度はパックから染み出た台湾手羽先の汁でなかなか酷いことになっていた。

最後の最後まで手羽先に嫌われているような気がした。その場で食べなければサミットじゃねぇ!とでもいうのか、いや、そうなんだろうけど(笑)

 

色々あったが手羽先は、どれも個性的で美味しかった。

~ナンバーワンにならなくてもいい、元々特別なオンリーワン~

手羽先の日本一を決めるイベントだが、

私は敬意を払って超有名曲のこのフレーズを借りてそう伝えたい。

 

 そういえば、駅のホームで電車を待っている時に聞こえてきた、

翼をください」のハーモニーが心地良かったね。

これからも続いてほしいな、手羽先サミット。