読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスこーもと

3連複当てたい競馬初心者(ミュージシャン)のブログです

苦行から無事に帰還しましたという報告

世の中には、物凄く辛い目に合っている方がたくさんいる。実際、「精神と時の部屋」に入ってみて、同じ時を過ごした方の中には、自分が苦しみを訴え理解を求めることがおこがましいと思えるような重症の戦士もいた。

だが、今回は私が体験したコトをある程度、苦行であったと述べさせていただくことを許していただきたい。

まず、その前に「精神と時の部屋」という表現は神作品を汚す行為であるだとか物事を小馬鹿にしているように見受けられるかもしれないが、それも私なりのユーモアのつもりで悪気はないので、どうかご理解いただけたら幸いである。

f:id:necomposer:20150729204142j:plain

 

 

とか書いてみたけど、多分「精神と時の部屋」物語を貫くことはできそうもないんで、先に謝っておきます、サーセン

 

一部、御存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私、20日の夜から「上皮内癌」の切除手術を受ける為に某病院に入院しておりました。病名に癌が付きますが、非常に程度の軽いものです。持病のヘンタイ(扁平苔癬)が悪性に転じてしまった為、早めに取っておきましょう・・・ということで私の舌の左側のフチ(病変部とその周り)は切り取られてしまいましたとさ。

以前、悶絶歌というタイトルで記事を書きましたが、まさかこんな続きがあるだなんてあの時は思いもしませんでしたよ。

necomposer.hatenablog.com

痛いとか言ってる場合じゃなかったね。

 

お陰で、入院前の1週間は、採血やらCT(ほかに転移がないかの検査)で毎日病院に通っておりました。本当は毎日でなくても良かったのですが、採血の結果のヘモグロビン値が結構悪くて、更に内科を受診し胃カメラまで飲むハメになったりしてね。微妙に胃炎にもなっておりましたが出血はしていないので鉄剤を飲んだり点滴で入れたりして、なんやかんやで手術は無事に終わりましたけどね。7月の大半は、この事で時間もだし精神的にもきましたわー。

 

で、これからココで入院中あーだったこーだったとちょっと軽やかに面白く書けないかなーと考えておりましたが、小説が書けるような文才は持ち合わせておりませんので、やはり普通にお伝えしようかなと(笑)

f:id:necomposer:20150729205943j:plain

 全然面白くもないだろうし、音楽ネタでもないけど、この後2,3記事は入院ネタでいこうと思います。

 

因みに7月29日に退院しました。術後は順調に回復しております。

まだ、お粥などを中心とした”やわらか食”しかたべれないけど無事に帰宅できてホッとしてます。さてと、デュラララの続きみなきゃ。

f:id:necomposer:20150729212134j:plain