読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスこーもと

更新は、少なめです

多分これで完治だと思う。右側にテヘペロするのが難しい。

久々に舌癌(上皮内癌)手術後の話でも。

う~ん、伸ばすとつっぱる感じがするな~。限界まで伸ばそうとすると千切れそう(実際はそんなことはないんだろうけど痛いし怖いからやらない)。

2週間前とほぼ変らない私の舌さん(手術痕)。認めたくはないが、おそらくこれが完治という状態なんだろう。通院の時に「治る」ではなく「慣れてくる」と言われていたのでどういうことなのかは大体わかっていたんですけどね。この先この違和感が私の標準ってことなんですよね。

因みにまっすぐ伸ばそうとしても左側に曲がります。テヘペロは左になら簡単にできますが、右から舌を出そうとするとちょっと難しい。テヘペロが生きていく上で必須じゃなくて良かったわ、全く。

 

幸い歌は、歌えております。というか普通にコーラスパートの録音はやっております。

今日は、久しぶりに鍵盤で弾き語りもやってみましたが、ところどころ発音が厳しい。

バンドでもアコースティックでもコードが簡単だったせいかメンバーに有り難がられレギュラーだったYNDRという曲(ヤンデレの略)に至ってはサビがもう歌になっている気がしない。

病んでる 妄想の果てに 崩れる 相愛の確信

このフレーズが、

ヤンデウ モウソウロハテリ クズレウ ソウアイロカクスィン

となり、もともと何言ってるのかが分からなかったであろうものが、余計にわからなくなった。普段の喋りは大方問題ないけど、大きな声で歌おうと思うとちょっと違ってくるね~。多分私は、オンドゥルルラギッタンディスカーを見て笑ってはいけない立場の人間になってしまったのだ。ウェーイ。

仮面ライダーブレイド

仮面ライダーブレイド

 

とまあ、ちょっとばかし悲観的?な内容となりましたが、

そもそも私が歌うことを始めたきっかけって自分の曲を披露する手段の一つとしてバンドでやりたかったからなので、今は楽曲提供者という一番理想としていたポジションにいることが出来ているから、そう考えると、そこまで凹むことでもないのかなって。

確かに、楽曲提供用の曲と自分で歌うために作った曲は違いますけどね。どちらも自分の曲には変わりないぞということで。

 

ところで、久しぶりに弾き語りをしてみたら、スタジオに遊びに行きたくなりました。

鍵盤もお隣さんに気を使わずデカイ音を出したいし。ちゃんと歌えなくなったし長時間もダメだけど、たまにはそういうのもいいかなと思って。よし、来月ぐらいに行こう。1人てのもアレだから一緒に入る人も探そう。そうしよう。