読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスこーもと

更新は、少なめです

エコバッグの悲劇 ~たまごをやっちまいました~

たまごをやっちまいました

 

我が家には車が一台しかない為、主人の人が働いている時間は車を使うことが出来ない。よって私の平日の買い物は基本、徒歩である。今回も、いつも通りの買い物のはずであった。

私の買い物の時のエコバッグは、買い物カゴサイズで、生地は薄いが折りたたみ可能、持ち運びにも便利で地味なデザイン、大変重宝しているものだ。何だかんだで5年以上は同じものを使っている。今までは、一度にたくさん買った時でも購入した食材を無傷で我が家まで運ぶことが出来ていた。

が、事件は突然訪れた。

 

私は、自分で食材の買い物に行き始めた頃、あるコトを懸念していた。それは、

たまごをいつかやっちまうんじゃないか

である。

プラスチックのパックに入ったそれは、安定性が低い為、ほんの少しの要因で無残に飛び散る可能性を大いに秘めている。

以前、私はスーパーの台で買った商品をバッグに詰め込んでいた時に、となりにいた女性がちょっとした手違いでかたまごを床に落としてしまった瞬間を目撃している。私は女性に話しかけられた。「どうしよう、卵焼き、たくさん作らなきゃ」。冗談だとは分かっていたが、この状況でこの物言い・・・こやつ、できる!それに対し「まあ、わざと落としたわけじゃないですから。」と答える自分のつまらなさというか無能さ。というか、そんなことはどうでもよくて、この出来事は、たまご及びそのパックは他のももと比べて圧倒的に強度が弱い事と、一歩間違えば大きな被害にもなりかねないということを私に教えてくれたのだ。しかし、時は流れ、記憶は薄れてゆく。私は一連の出来事も卵をいつかやっちまうんじゃないかという気持ちもすっかり忘れてしまったのだ。

 

私は卵は一番最後に袋に入れるというか他のものの上に乗せる派である。土台が平にならないこともあるが、下に置けば持ち帰る間に他の物に潰されてしまう可能性があるのでいつもそうしている。自分の母もそうである。寧ろ世間の半分以上の人が上に乗せる派なのではないだろうか。実際、それで一度も割れたことがなかったので今回も例外なく卵は上に乗せてバッグの口を締め、近所のスーパーを後にしたのだ。その時は、そこまで適当に詰めたつもりはなかったが、結局のところは完全に油断していたのだろう。

 

自宅玄関に辿り着いた私は、ある異変に気付いた。

左側の腰が冷たい。

冷凍食品も購入していたので、それが調度当たっているのだろうと特に気にもとめずに家に入った。

そして冷蔵庫に買ってきたものをしまう時がきた。

た、たまごが・・・

なんということだ。エコバッグに面していた一番端のたまごが1個、パックの中で召されているではないか。私は、すぐさま汚れた卵のパックをとりだし、色々と確認を始めた。見たところ割れているのは1個だけだった。幸い他の食材にはそれほど影響はなかった。が、バッグがの側面が卵白浸しになったのと、自分の着ていた服が汚れたのと、ドロドロになった卵パックの処分という三重苦、これはまぎれもない悲劇である。

他のたまごは見た目には無事だったが、今発見出来ていないだけで罅の一つや二つくらいは入っているかもしれない。

捨てるのは勿体無いけど何となく不安だから、なるべく早く消費せねば・・・

そうだ、

「卵焼き、たくさん作ろう」

 卵をやっちまいました(完)

 

 

ふと後からこのようなことを考えた。

■入れ物がエコバッグではなく、レジ袋だったらどうだっただろうか?

袋が破れないかぎり、つぶれた卵の中身が外に染み出ることはないはずだ。二次災害の服の汚れを大方防ぐことができただろうし、最悪汚れた袋はそのままゴミ袋にしてしまえばいいわけだし(地区によってレジ袋=ゴミ袋がNGな場合もありそうですが)、今回に限ってはレジ袋に軍配が上がる。今こそレジ袋を見直す時が来た!?

■そもそも、私が使っていたエコバッグの素材がしょぼかったのではないか?

これは否定できない。もっと厚手でしっかりとした生地のものなら、そもそも卵は無事だったに違いない。これはクラスチェンジ、待ったなしか!?

■完全に私の注意不足であったのでは?

これも否めない。卵を見るたび思い出せ!今後の買い物の仕方の見直しが必要かもしれない。

■では、今後、どうすればいいか?

・卵を買う時は、置き方を工夫したり、もう一枚袋を使う等して強度をアップしたり、レジ袋にするか丈夫なエコバッグを使う・・・全部まとめてしまいましたが、つまり”気を使う”ということです。

・もう卵を買わなければいい・・・不安を完全に排除するという発想。卵料理が大好きなので絶対に嫌ですけど。

・鶏を飼う・・・最早、買ってくる必要をなくすという発想。そこまでするかの究極の選択ですが、これだと引越しが必要なので却下。

 

幸本「どうしたらいいと思う?」

主人の人「(今後は)俺が買ってきましょうか?」

 幸本「え!?」

主人の人「卵が減っちゃうよ。」

幸本「そっちかい!!」