読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスこーもと

更新は、少なめです

大腸カメラ、検査無事に終了!

お騒がせいたしましたが、無事に大腸カメラ検査が終わりました。

異常無し。

ポリープも無し。

あの時のペットCTの輝き。

あれは、やはり、ただの炎症だったか・・・。

そりゃ、そうだよな~。

そう何回もフラグ回収してたまるかだよ。

 

「そんな検査(CT、エコー)で大丈夫か?」

という質問に対し、

「一番、いいやつを頼む。」

を選んでしまった私。

大丈夫だ、問題ない。

でも良かった。

人類の叡智めっ!

 

というのは、大腸カメラが予想していたよりも面倒だし辛かったんだよね。

前日の検査食は、すごくまずいかもしれないと思って食べたら、全然食べられるレベルだった。クラッカーは、超普通のクラッカーだし全然イケる。

美味しくはないけど、当日の苦痛と比べたら余裕。

f:id:necomposer:20160314161807j:plain

 

f:id:necomposer:20160314162254j:plain

f:id:necomposer:20160314162419j:plain

f:id:necomposer:20160314162557j:plain

当日は、下剤ですよ。GE・ZA・I!!

コチラの方が、辛いし独特の味がしてキツかった。

というか、こんな下剤は初めてだわ。

f:id:necomposer:20160314162638j:plain

250mlのそれを決まった時間に4回にわけて飲む。

その間に、軽く運動(といっても院内徘徊)して腸の動きを良くする。

そして出す(笑)

が、残念なことに私は、1リットルの下剤で終わらせることが出来なかった為、更に250ml追加で飲むハメに。この悔しさと言ったら。

そして・・・

なんとか、最終奥儀『浣腸』を免れ、この儀式を終えることが出来た。

8時30分から病院にいたのにこの時、大体12時。

14時30分。順番待ちの後についに検査を受けることが出来た。

カメラが盲腸に辿り着くまでが、しんどかった(腸の曲がり角の辺り?にくると痛い)が、前日からの準備期間を考えたら時間的には短かったが、それでも楽ではないので「早く終われ、早く終われ・・」と心の中でずっと繰り返していた。

 

ああ、疲れた。

検査中は、胃カメラの気持ち悪さと比べたらマシかもしれないが、検査前の儀式(下剤)が本当に辛い。実に長い戦いであった。

検査後の夕食も消化の良いモノをということでうどんのみ食べて寝ました。

家に帰るまでが遠足、腸の調子が元に戻るまでが検査というコトなんだろうね~。

世間は楽しいホワイトデーなのに私はゲッソリ、ぐったり、はぁ、切ねぇ。

 

と思っていたら主人の人からのお返しは今日来ました。

主人の人「昨日あげたら無理してでも食べちゃいそうだったから(お菓子の誘惑に耐え切れずにという意味で)」

f:id:necomposer:20160315220457j:plain

f:id:necomposer:20160315215204j:plain

ケーキはFUKAYAのものでした。大府市民だしね。

patisserie-fukaya.com

ありがとう、主人の人。

さて、何だか頼まれ事が増えそうなので今日は早めに寝て明日からだね。