オフィスこーもと

更新は、少なめです

舌癌(上皮内癌)術後に出来た粘液のう胞は、消えても再発するのか

もう、舌上皮内癌ネタで記事を書くことってないんじゃないかと思っておりましたが、、

実は、少し前に粘液のう胞についての質問を頂きましてですね。

あれから、再発はしていないのか、等ね。

私ごときが答えられることなんて知れてるわよと思いながら、私に連絡を下さった方の為に、私なりに書いていこうかと思います。参考になるかどうかは分かりませぬが。

では、マイル。

 

 

舌癌(上皮内癌)手術

術後3ヶ月くらいで、粘液のう胞が出来る

口の中だから見えないけれど、のう胞は結構な大きさに膨らむ

通院の度に注射器でのう胞の中身(私の唾液)を吸い出してもらう

あんなに嫌な思いをしていたのに、別件で大腸カメラやることになってビビッているうちに、いつの間にか粘液のう胞はしぼんでいた。

以来、粘液のう胞が出来ることはなく、平和な日常が続く←今ココ

粘液のう胞が消えてから1年経過。

舌癌術後経過観察期間5年が終わって晴れて自由の身に。

 

 術後1年以上経過しているから言えることだけど、冬場の方が乾燥するからなのか、舌の調子は良くない気がする。

痛くはないけど、何となく、夏場よりも滑らかではない感じがする。

眠っているとき口呼吸になってしまうせいで、朝起きた時に、舌が干からびているような感じがすることもある。もちろん、気のせいだけど。

だから、乾燥が刺激となり、引金となって、また粘液のう胞や、それ以外のおかしなモノが出来てしまったらどうしようという不安がないわけではないですよ。再発する可能性はかなり低いとは言われていてもね。

もうすぐ粘液のう胞が消えてから1年経つから、1年間大丈夫だったという実績ができたら、やっと不安がなくなるんじゃないかな。

 

そういえば、いつだったか忘れましたが、経過観察通院の時、こうも言われたっけ。

 

ドクター「あれから粘液のう胞は、できてないですよね?消えて良かったです。

もしも、しぼまなかったら手術しないといけなくなりますからね。

術後、間もない間は、あまり触りたくない(また手術をして刺激を与えたくないという意味だと思う)ですからね~。」

 

粘液のう胞をどうにかする手術ってどう考えても癌の手術よりも簡単だけど、

元は癌(どれだけ軽いステージであったとしても)だった箇所なんだから、お医者さんも慎重なんだろうな~と。

 私は、素人なので、どれくらいの期間を”術後、間もない”とするのかもよくわからない。

けど、粘液のう胞自体は、特に害がないものらしいので、しぼまない限り、どれだけ不快であっても、半年くらいは、そのまま放置で様子を見続けられるんじゃないかな。

 

また癌になって舌を切り取られるよりは・・・くらいに考えるしかないのかな~、大げさだけど、ということで。

しかし、私のは、あくまで、粘液のう胞の手術をせずに済んだ側の意見でしかない。

 

今朝、検索したら、

1年半、耐えた末に、粘液のう胞の手術を受けた方の記事を発見しました。

arugamama.net

手術した癌のステージも関係無くはなさそう、かな。どうなんだろう。

私の場合は、できても潰れることはなかったけど、破裂するように潰れては膨らむってパターン・・これは考えただけで嫌だわ。

 

でもって、のう胞は手術しても、またできる可能性もあるらしい。

 

なんてこった。

 

 手術しても安心しきれないのか~。