読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスこーもと

更新は、少なめです

1泊してレッスン受けてきました

f:id:necomposer:20170130090310j:plain

年に1、2回遊びでスタジオに入るセッション仲間Pさんのお誘いで、Pさんの師匠である岡本先生の特別レッスンを受けに、PさんとHさん(ドラムとベース)と3人で行ってきました。

私は、キーボードと歌担当。

課題曲これ。マジで難しかった。特にドラムが恐ろしいことになってる。

www.youtube.com

ベース以外は、なんとも酷い出来でした(笑)

それでも、この曲をセクションごとに切ってドラムを中心にレッスンをやっていくのかと思っていたら、そうでもなく・・・

3人でやれる他の曲を先生に聞いていただくことになって、私のオリジナルをやることになり、めっちゃ焦りました。

せめて現役でライブやってる頃だったらな~。楽譜か歌詞カード持ってこればよかった。とタラレバ娘ならぬタラレバBBA幸本状態でしたが、

なんと、先生がPさんの代わりにドラムを叩いて下さりました。

Pさんには悪いけど、クッソ楽しかった!

こりゃヤベェ!!って体験が出来でしたね。

自分の曲なのに、『妨害電波』ってこうなるんだ!!!って。

この曲、19歳の時に作っておいて良かったな←何年前だ~

ああ、遥々来て良かった~。

自分は、どうせやるなら自分の曲っていう我が儘な人間なので、楽しいのポイントが皆とズレているのかもしれない。

最後は、ジャムセッションの面白さを教えていただきました。

個人的にはソロがまわってくる度に「もう、引き出しないッス」「また結果的に同じようなことやっちゃたよ」ってめちゃめちゃ困ってましたけどね。

自分達の演奏で「会話」(先生がそう言ってた)が出来るようになったらホントええね~、なんてね。

f:id:necomposer:20170130103457j:plain

レッスン後は、ビジホのチェックインをした後に岡本先生オススメの「ホンビノス貝」を食べながら飲みました。

写真を見たら分かる方、いらっしゃるかと思いますが、

岡本先生とは、プロドラマー岡本郭男さんのことです。

www.okamoto-atsuo.net

岡本郭男 - Wikipedia

 

今回は、PさんとHさんが音楽仲間だったから、貴重な体験が出来たし、とっても感謝しております。

が、単純に面白そうだからって理由で超軽いミーハーなノリで参加したらアカンかったかな~とも思っております。初心者の楽器体験レッスンとはわけが違うゾと。

どうやら名古屋でも、岡本先生のドラムセミナーが開催されたりするらしく、岡本先生も「次は名古屋だな」と言っておりましたが、自分は、今のところプレイヤーとしてやっていきたい気持ちが全然ないので、こちらに向上心があること前提に次回のレッスンの話をされると、なんか、もう、めっちゃ心が痛い。岡本先生が、真面目にコチラのことを考えて提案して下さっていると思うと余計にね。だから、これ以上の参加は気が引けるというのが正直なところです。

このレッスンの話をいつもRECでお世話になっている肉さんにもしてみたところ、別の岡本さんのレッスンもあるから、そちらにも誘うよって言われてしまいましたが・・・

レッスンと中京での重賞レースが被ったら、正直、どちらを取るかわかりません。ガチプロのレッスンよりも馬を取る可能性のあるミュージシャンとしてはサイテーな女なんです、私は。

f:id:necomposer:20170130140835j:plain

↑先週も東海S見に行ったし。

【おまけ】

レッスンの翌日は、皆と一緒に帰らず、東京にいる友達に会ってから新幹線で帰りました。待ち合わせ場所だった池袋。

f:id:necomposer:20170130113400j:plain

 めっちゃ疲れてて観光してないけど、なかなか有意義な時間だった。

 次は、東京か中山競馬場にいきつつ観光するコースで東京にいきたい。