読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスこーもと

ドゥラメンテ!!

ゆめのたねさんのスタッフ募集説明会にいってきた

ある日のことだった。

飴太郎さん経由で「ゆめのたね」でPAのバイトやりませんか?って話がきた。

PA不足な割りにパーソナリティ人口は増加しているから困っているとのことでね。

私は、ゆめのたねさんがフェイスブックでスタッフの募集をしていたことを知らなかったので、ああ、DTMをやっていて、ざっくりと録音や編集の知識のある自分のことを他の方よりは即戦力だと思ってもらえたから、わざわざ声をかけて下さったのかな~って完全に勘違いして17日に開催されたスタッフ募集説明会に参加しに行ってしまったよ。

会場にはたくさん人が集まっていた。正直、働く働かない関係なく、これだけ興味を持って集まる人がいるのなら、自分、呼ばれた必要なくね?って思った。絶対困ってないだろって。

内容は、確かに”説明会”でした。

主に、ゆめのたねそのものの説明会でしたけど。

代表さんがどのような経歴の持ち主の方で、どのようにゆめのたねが出来ていったのか、どんな思いのもとラジオをやっているのか、日本のどこにいても、海外からでも聞くことの出来るネットラジオの可能性、ゆめのたねを通して広がっていく人の輪。そこには愛と感動がたくさんありました。代表さんはお話をされる際に映像とBGMを効果的に使っておりました。選曲も各内容ごとにマッチしていてとても良かったと思います。こういう見せ方もアリなんだなって、参考になりました。

時給、交通費、週に何日入ればいいのか?研修はどのように行われるのか等は、最後の質問コーナーで、会場に来ている誰かが質問することによって情報を得ることができました。

ここで聞いた限りでは、労働条件は、全然、文句のない内容でした。

曲作りの依頼だと、途中で、「やっぱり今回の曲は無しで」ってことになって、そこまでの働いた分の報酬ゼロになる場合もあるし(最初にキッチリ契約してない私が悪い)、今はもう参加していないけど、コンペなら落ちたら当然金貰えないわけだから、内容は違えど普通に働いただけ給料が出る仕事だから、そういう安心感はあって週に2,3回のバイトって感覚なら楽しそうな現場だし、自分のライフスタイルにも合いそうだし、音楽関係のお仕事にしては良いなとは思いました。

ただ、自分が一番興味のあった、ここでのPAとは具体的に、どういったことをやるのかを知る事が出来なくてちょっと残念でした。

飴太郎さんのゲストとして収録に参加した時に、ここでは、どのようなカラクリで収録しているのか、どんなソフトを使って編集をしているのか、そういったことに普通に興味があったのでね。

necomposer.hatenablog.com実は、2月にも1度、飴太郎さんのゲストでお邪魔してるし。

f:id:necomposer:20170318105647j:plain

 自分が普段やっていることの応用でイケるのか、そうでないのかを割と真面目に確認したかったってのが本音かも。

 そんな自分の願望はさておき、参加しなければわからないことを知ることが出来たのは良かったです。飴太郎さん、紹介してくれてありがとう。

けど、私は、またしても飴太郎さん経由のラジオのお仕事の紹介を断ってしまうよ。あ、今回は、エントリーしないが正解だね。

ゴメンネ、ホント。

どう考えても、ゆめのたねさんに自分が向いていないんだ。

ゆめのたねさん風に言うなら、今回は、”ご縁”が生まれなかった!ってことで。

 

ていうかね、

今の自分は夢を失くしたような状態で、音楽に対してクッソ後ろ向きなんだ。

先日も、金ジュリ運営さんの御依頼を「お急ぎでしたら他の作家さんにチェンジで構いません」って遠まわしに断ってしまったし、

※急いでいないので、この曲(以前に提案した曲)が最後になるかもしれませんがお願いしますと言われて、その時の会話は終了している。

岡本さんが名古屋に来るけどどうよってお誘いも二つ返事でお断りしてしまいましたし、

※何なら暫く誘わないで下さい的なことまで言ってしまった。

とにかく、今はダメなんだ。

自分には、継続して同じ方向、同じ夢を見続けることが難しいらしい。

 

明日はサトノダイヤモンドが普通に勝つと思うけど、個人的には、シュヴァルグランが勝ってほしい。あとタマモベストプレイ。そういう夢なら見ている。